日本エイズ学会特別教育セッション_症例から学ぶHIV感染症診療のコツ

2011年第25回・東京25_ はじめに25_LECTURE25_INTERACTIVE2010年第24回・東京24_ はじめに24_LECTURE24_INTERACTIVE2009年第23回・名古屋23_ はじめに23_LECTURE23_INTERACTIVE2008年第22回・大阪22_ はじめに22_LECTURE22_INTERACTIVE2007年第21回・広島21_ はじめに21_LECTURE21_INTERACTIVE2006年第20回・東京20_ はじめに20_LECTURE20_INTERACTIVE2005年第19回・熊本19_ はじめに19_LECTURE/E,J2004年第18回・静岡18_ はじめに18_INTERACTIVE/E,J2003年第17回・神戸17_ はじめに17_INTERACTIVE/J2002年第16回・名古屋16_ はじめに16_INTERACTIVE/E,J2001年第15回・東京15_ はじめに15_LECTURE/E,J15_INTERACTIVE/E,J2000年第14回・京都14_ はじめに14_LECTURE/E14_INTERACTIVE/E14_INTERACTIVE/J1999年第13回・東京13_ はじめに

HOME掲載データ一覧問い合わせ

HCMI-J

協賛:GSK

■第14回日本エイズ学会
 特別教育セッション(公開講座)報告

本セッションは2000年11月に開催されました。
 プリントアウト等をして本資料を活用される場合、情報の鮮度にご注意ください。
 新しい治療薬、新しいデータ、副作用報告など、情報は日進月歩で変化します。情報を診療に活用される場合は、その時点で最新の情報として有効かどうかを確認して下さい。

●はじめにご覧ください

・本プログラムの企画のアウトライン

●スライド一覧(HTML版)

1.講義
  PROGRESS IN HIV-1 PATHOGENESIS AND TREATMENT
Daniel R. Kuritzkes, M.D. (University of Colorado, Health Sciences Cente)
Chair: 岩本 愛吉
2.Interactive Session(English)
  症例から学ぶHIV感染症診療のコツ
Daniel R. Kuritzkes, 岩本愛吉
Chair: 青木 眞
3.Interactive Session(Japanese、解説・集計結果付き)
  症例から学ぶHIV感染症診療のコツ
Daniel R. Kuritzkes, 岩本愛吉
Chair,解説: 青木 眞

●スライドデータ(PDF版)

pdf
1.講義[1.1MB]
  PROGRESS IN HIV-1 PATHOGENESIS AND TREATMENT
Daniel R. Kuritzkes, M.D. (University of Colorado, Health Sciences Cente)
Chair: 岩本 愛吉
pdf2.Interactive Session(English)[138KB]
  症例から学ぶHIV感染症診療のコツ
Daniel R. Kuritzkes, 岩本愛吉
Chair: 青木 眞
pdf
3.Interactive Session(Japanese、集計結果付き)[180KB]
  症例から学ぶHIV感染症診療のコツ
Daniel R. Kuritzkes, 岩本愛吉
Chair,解説: 青木 眞
※解説はこちらをご覧ください。

スライドデータ(PDF版)をご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。

●開催概要

 特別教育セッション(公開講座)
  11月30日(木)15:15〜17:30 第1会場(テルサホール)
  Improving the Management of HIV Diseases
「症例から学ぶHIV感染症診療のコツ」
オーガナイザー:岩本 愛吉 
 ※参加対象:HIV感染症の診療にあたる臨床医、薬剤師等 

1.講義
Chair: 岩本 愛吉
  PROGRESS IN HIV-1 PATHOGENESIS AND TREATMENT
Daniel R. Kuritzkes, M.D. (University of Colorado, Health Sciences Cente)
2.Interactive Session
Chair: 青木  眞
  症例から学ぶHIV感染症診療のコツ
Daniel R. Kuritzkes, 岩本愛吉

共催:
第14回日本エイズ学会学術集会・総会事務局/グラクソウエルカム株式会社
協力:
International AIDS Society-USA(IAS‐USA)
抗HIV薬の効果的な服薬援助のための検討会

内容:
昨年に引続き、アメリカで治療ガイドラインを作成している専門NPOである「IAS-USA」の協力により、タッチパッドを使ったインタラクティブ・メソッドを用いて症例中心に学びます。
今回は特に、ABT-378など新薬の治療における位置付け、複数の薬剤に耐性となったケース、代謝異常等中長期的な副作用が問題となるケースでの対応、STI等最近のトピックスを考える症例について会場とのやりとりをまじえながら、フォーカスの方法を学べるように企画されています。

第13回日本エイズ学会総会に引き続き、同様の企画です。
昨年と同様、今年も事前登録制を設けております。

タッチパッド形式の参加と、聴講での参加の枠がありますので、あらかじめ選択してご参加ください。

当日の会場でも「当日受付」を行ないますが、タッチパッドの受け渡し及び関係資料を配布のための混雑が予想されます。

当日の受付をスムーズにするためにも事前登録にご協力いただけますようお願い申し上げます。 [登録は締め切りました]

■事前登録用紙(GIF版)
■事前登録用紙(PDF版)
 ※PDF版をご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。

[ご参考]A4版ご案内文書(PDF版)

 FAX:03−5449−5427
 問い合せ e-mail:info@hivcare.jp

掲載情報は症例検討のためのものであり、ここでの議論が個別の症例に必ずしも妥当性をもつわけではありません。臨床における応用については、各個人の責任でお願いします。
 また、掲載情報はその時点で検討されたものです。情報を活用する場合はその時点において妥当かどうかを各個人でご検討いただけますようお願いいたします。
※本ホームページ掲載情報の著作権はHCMI-Jに属します。掲載情報を全部あるいは部分の無断転載をお断りいたします。
 
HIV Care Management Initiative-Japan