日本エイズ学会特別教育セッション_症例から学ぶHIV感染症診療のコツ

2011年第25回・東京25_ はじめに25_LECTURE25_INTERACTIVE2010年第24回・東京24_ はじめに24_LECTURE24_INTERACTIVE2009年第23回・名古屋23_ はじめに23_LECTURE23_INTERACTIVE2008年第22回・大阪22_ はじめに22_LECTURE22_INTERACTIVE2007年第21回・広島21_ はじめに21_LECTURE21_INTERACTIVE2006年第20回・東京20_ はじめに20_LECTURE20_INTERACTIVE2005年第19回・熊本19_ はじめに19_LECTURE/E,J2004年第18回・静岡18_ はじめに18_INTERACTIVE/E,J2003年第17回・神戸17_ はじめに17_INTERACTIVE/J2002年第16回・名古屋16_ はじめに16_INTERACTIVE/E,J2001年第15回・東京15_ はじめに15_LECTURE/E,J15_INTERACTIVE/E,J2000年第14回・京都14_ はじめに14_LECTURE/E14_INTERACTIVE/E14_INTERACTIVE/J1999年第13回・東京13_ はじめに

HOME掲載データ一覧問い合わせ

HCMI-J

協賛:GSK

●2001年(第15回日本エイズ学会・東京)INTERACTIVE_Case1
  座長, 解説: 青木 眞 先生(感染症コンサルタント)
「Interactive Session−症例から学ぶHIV感染症治療のコツ」
Karen Beckerman, MD
味澤 篤 先生(都立駒込病院)
※スライド画像をクリックすると拡大表示されます
 
NEXT次へ
E01 J01
E02 J02
E03 J03
   
  E04 J04  
   
  E05 J05  
 

まえがき:
今回は産科症例を呈示して頂きました。地球規模で概観すれば毎日感染している方の約半分が女性であるという疫学的事実が欧米や我が国でも反映され始めている今日、非常にタイムリーなトピックスの選択でありました。5症例全て、実在した症例で最初の2症例は都立駒込病院の味沢篤先生、後半の3症例はUCSF産婦人科のカレン・ベッカマン先生に呈示頂きました。ベッカマン先生は私が国立国際医療センターのエイズ治療・研究開発センターに居りました時、増え続ける産婦人科領域のご相談に危惧を抱き、HIV感染症と周産期医療という内容でセミナーを企画した時にもおいで頂いております。また味沢先生は国内で最も多くの女性感染者を診ておられる方です。今後、この領域におけるHIV感染症の問題は増加の傾向にあると思われ、是非多くの情報をこの企画から得て頂きたいと思います。
症例1#3のコメント:
ACTG076によりAZTの単独投与でさえ母子感染の低下に著明な効果が得られる事が判明しました。AZT投与開始時期は、エントリー出来る患者さんの数を確保するためもあったのでしょうが妊娠14週から34週と非常に幅のあるデザインでした。第一トリメスタを避ける理由は当然の事ながら悪阻のひどい時期を避ける、臓器形成期を避けるということです。ちなみにAZTによる先天奇形の報告はまだ無いようです。当然のことながら14週という数字にとらわれずアドヒアランスの問題なども考慮しながら開始のタイミングを探ることが最も重要です。
症例1#4のコメント:
ベッカマン医師はAZTによる貧血について非常に臨床的に有用なコメントをされています。即ち妊娠そのものも貧血の原因になりますが、更にAZTを投与すると更に貧血は進行します。(逆に貧血を生じない患者ではAZTを服用しているか疑うべきとさえ言われています。)児ではAZTに加えバクタの投与も行われるため更に貧血は進行、Hctが25%(正常は50%程度)という症例も珍しくないということです。しかし全般的にこのような異常が臨床的に大きな問題を生じることは少なく母児ともにAZT投与に耐えられる事が多いというコメントでした。

 
 
NEXT次へ
 
HIV Care Management Initiative-Japan