●2006年(第20回日本エイズ学会・東京)LECTURE 46/46
  司会: 山元 泰之 先生(東京医科大学臨床検査医学講座 講師)
「HIV専門医がプライマリーケアに関して知っておくべきこと」
Judith Aberg, MD (Associate Professor of Medicine, New York University Medical Center)

 
前へBACK
 

J46
<抗真菌剤>
スペクトラムの広いアゾーム、腎毒性の少ないエキノキャンディン系やアムホテリシンBのリポ製剤が利用可能になってきた。
この症例はフルコナゾールが効かず、アゾール耐性が疑われたので、エキノキャンディン系を使用した。日本ではミカファンギンがこれに近い薬である。


 
前へBACK