日本エイズ学会特別教育セッション_症例から学ぶHIV感染症診療のコツ

2011年第25回・東京25_ はじめに25_LECTURE25_INTERACTIVE2010年第24回・東京24_ はじめに24_LECTURE24_INTERACTIVE2009年第23回・名古屋23_ はじめに23_LECTURE23_INTERACTIVE2008年第22回・大阪22_ はじめに22_LECTURE22_INTERACTIVE2007年第21回・広島21_ はじめに21_LECTURE21_INTERACTIVE2006年第20回・東京20_ はじめに20_LECTURE20_INTERACTIVE2005年第19回・熊本19_ はじめに19_LECTURE/E,J2004年第18回・静岡18_ はじめに18_INTERACTIVE/E,J2003年第17回・神戸17_ はじめに17_INTERACTIVE/J2002年第16回・名古屋16_ はじめに16_INTERACTIVE/E,J2001年第15回・東京15_ はじめに15_LECTURE/E,J15_INTERACTIVE/E,J2000年第14回・京都14_ はじめに14_LECTURE/E14_INTERACTIVE/E14_INTERACTIVE/J1999年第13回・東京13_ はじめに

HOME掲載データ一覧問い合わせ

HCMI-J

協賛:GSK

●2009年(第23回日本エイズ学会・名古屋)LECTURE 2
  座長: 山元 泰之 先生(東京医科大学 臨床検査医学講座 准教授)
「USでのHIV感染症診療における課題」
Ann M Khalsa M.D. (Centro de Salud Familiar La Fe C.A.R.E Center, Texas, US)
※スライド画像をクリックすると拡大表示されます
 
前へBACK
NEXT次へ
E09 J09
E10 J10
E11 J11
E12 J12
E13 J13
   
  E14 J14  
   
  E15 J15  
   
  E16 J16  
   
  E17 J17  
   
  E18 J18  
   
  E19 J19  
   
  E20 J20  
   
  E21 J21  
   
  E22 J22  
   
  E23 J23  
 
前へBACK
NEXT次へ
 
HIV Care Management Initiative-Japan